一口に和食器といっても、素材・形状・模様・サイズが豊富で多種多様にあります。 元来、日本で食事は儀式的要素が強く、"シーン"とした中で行われていたようです。 映画「たそがれ清兵衛」(感動でがんす!)にも出てきますが、食事の最後にお茶と漬物で汚れを落とし、各自が箱膳で食器を管理してほとんど洗わなかったようです。 飯椀・汁椀とお箸、さらに、向付を奥の中央に配置して折敷(トレイ)に乗せれば、懐石の基本形になります。 関連:和食作法のルーツ

しかし、器を手に持って食べるのは、世界的にはタブーで日本だけのようです。 折敷やお膳の前に正座して食べるとなると口元までの距離があるので、器を持たざるを得ない。 その際に、汁物だと熱いので、熱伝導率の低い漆器の椀へとつながり、手に持ちやすいように男女で大きさの差がでたり、様々な形へと展開していったのでしょう。

和食器の美しさは、こうしたやさしさから起こる不揃いな点と言えるかもしれませんね。 それ故に、色・形・紋様・材質・重量の異なる食器を組み合わせても不思議と調和するものです。ポイントは【季節感】【料理と器の相性】【盛り付けの余白】。 愚痴になりますが、家庭用食器洗い機は和食器には不向きでがんす。 関連:盛り付け

向付(むこうつけ) 飯椀、汁椀の「向こうに付ける器」。

粥座で用いる道具は、お箸と大小2つの椀です。 これらに向付プラスされると懐石の最も基本形になります。 ただ、この器には共通の定義がなく遊びの要素が許されていて最もバリエーションに富んでいます。

季節に応じた絵柄や素材、祝いの席であれば扇型など、器の組み合わせの中で一番、変化を楽しめるところになります。 箸置きを色々と揃えるのも手ごろに印象の変化をつけられるでしょう。

先付(さきつけ)

これは居酒屋などでの、「お通しの小鉢」と言った方がイメージし易いかもしれませんね。 旬の素材を使った料理や、食欲を促進する味付け(酸味など)が一般的でしょうか。


ご意見・ご感想はお気軽にどうぞ。

Counter: 5601, today: 2, yesterday: 0

トップへ   差分 バックアップ 再読込   ページ一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-04 (木) 15:16:56